タイトル
古希&男三世代合同バースデーケーキ
11月も今日で終わり、いよいよ今年も残す所あと一月となりましたね。
今月の頭には、誕生日がそれぞれ近い義父・夫・息子の「男三世代合同バースデー」をしました。

夫の実家は大家族で、全員そろって13人。
毎月のようにみんなで集まり誕生日会を開いています。
誰かと誰かの合同で…となると、ホールケーキ2つ並べてお祝いしたりするのですが
今回は義父が古希(70歳)をむかえたので、「特別なケーキにしよう」と提案し
デコレーションを担当させてもらいました。

土台となるケーキはirinaのロールケーキにしました。

25種の味の違うこのケーキは、見た目もカラフルでとってもかわいい!
タワーのように積んで、家族全員のイラストと、ナンバーキャンドルと、バラと、リボンで、こんな感じに仕上げました。

70年前、義父が産まれ、そのおかげで夫がいて、息子がいる。
感謝と、健康を祈って。
古希&三世代合同バースデーケーキ

てっぺんには義父。
古希のテーマカラーである紫色の服を着ています。
古希&三世代合同バースデーケーキ

向かって左下には義父の息子。(私の夫)
古希&三世代合同バースデーケーキ

向かって右下には義父の孫。(私の息子)
古希&三世代合同バースデーケーキ

加工して消してしまいましたが、それぞれの服には名前を入れてありました。

そして最後、全員でおめでとう!
古希&三世代合同バースデーケーキ

ちなみにバラは私の手作りです。
プラチョコ(チョコレートと水あめを混ぜたもの)で作りました。
古希&三世代合同バースデーケーキ

ロールケーキは25種類違う味で「みたらし」「ラムレーズン」「杏仁豆腐」など珍しいものも。
みんなでどれを食べるかワイワイ盛り上がって楽しかったです。
古希&三世代合同バースデーケーキ
(出典:irinaオフィシャルオンラインサイト)

ちなみに明後日は甥っ子の誕生日会を開きます。
| 写真 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0)
こどもスケッチ「公園」
息子は公園に行っても遊具などで遊ばずに
砂・葉っぱ・石・木の枝を「ただ持つ」という遊びをするのですがそれは。
こどもスケッチ「公園」
| こどもスケッチ | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
こどもスケッチ「アイスクリーム」
私が子供の頃、カップのアイスクリームといえば「バニラ」「ストロベリー」「チョコレート」くらいだったと思うけど、今は手頃な価格で「ストロベリーチーズケーキ」「シナモンアップルタルト」「洋酒マロン」など洋菓子のようなフレーバーが豊富になりましたね。
そんな時代に生まれた息子ですが、「バニラ」しか食べた事ありません。
世の中に「バニラ」以外のアイスクリームがあることを
彼はまだ知らない。
こどもスケッチ「アイスクリーム」
| こどもスケッチ | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
はじめましてごきげんよう
日本語もまだ完璧でない息子が突然、すごく上手な発音で
ごきげんよう
と言ってきた。

調べてみると「How do you do?」は、古風でかなりお堅い初対面の英語挨拶で
一般的に使われる機会は減ってきているらしく、もはや「死語」とまで書かれているサイトもあった。

3年間毎日一緒にいるのですが、なぜ英語で改まった挨拶をしてくれたのか。
| マンガ | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0)
おでかけレポート「metsa(メッツァ)」
今回は、埼玉県飯能市にオープンした「metsa(メッツァ)」に行ってきたのでレポートします。

メッツァビレッジに行ってきました
(出典:ムーミン公式サイト)

「metsa(メッツァ)」とは、

・自然豊かな森と湖で、のんびりと北欧のライフスタイルが体験できる「メッツァビレッジ」
・日本初のムーミンのテーマパーク「 ムーミンバレーパーク」

この2つが楽しめる、埼玉県飯能市宮沢湖周辺にできた新しいレジャー施設です。

今回は、先日オープンしたばかりの「メッツァビレッジ」に行ってきました。
※「 ムーミンバレーパーク」は来年2019年3月にオープン予定。

実はここ宮沢湖は、私のふるさとにほど近く、子どもの頃何度か遊びに行ったことのある思い出の場所です。
西武池袋線 「飯能駅」からも、JR八高線「東飯能駅」からも、バスが出ているので、電車で来る方もアクセスしやすいかと思います。
※子どもの頃は、約3kmの道のりを歩いて行きました。

木のトンネルのような並木道を通り抜けると、建物が見えてきました。
奥には湖が広がっています。
メッツァビレッジに行ってきました

こちらは、新鮮な野菜、工芸品、北欧ブランド雑貨などのショッピングが楽しめるマーケットです。
珍しい商品や、ステキなパッケージデザインの食品が並んでいて、眺めるだけでもワクワクしました。
残念ながら店内写真は撮り忘れました。
メッツァビレッジに行ってきました

入り口付近に大きなクリスマスツリーが飾られていました。
メッツァビレッジに行ってきました

自然をゆったり楽しむためのテラス席が充実しています。
メッツァビレッジに行ってきました

奥に行くと、埼玉の名産品や北欧風の飲食などを堪能できるレストランがあります。
こちらはソフトクリームとスイーツのお店。
メッツァビレッジに行ってきました

看板オブジェもかわいい。
lovi社のツリーを思い出しました。
メッツァビレッジに行ってきました

息子も食べられるものを…と、お昼はハンバーグにしました。
メッツァビレッジに行ってきました

レジに並んで注文して番号札を受け取るスタイル。
メッツァビレッジに行ってきました

店内にも席がありますが、今回は湖が一望できるテラス席で食べました。
メッツァビレッジに行ってきました

奥の席にはペットの犬を連れたお客さまが食事をしていました。
ペットを飼っている方は、同伴で入場できるというのは嬉しいですね。
けっこう多く見られましたが、どの犬もお行儀よく過ごしていました。
メッツァビレッジに行ってきました

料理が届くまで「アイスクリーム食べる!おひるごはんいらない!」と言っていた息子ですが
目の前に置かれたプレートを見た瞬間にアイスクリームは頭から飛んで行ったようで
「おいしい、おいしいねー」と喜んで食べていました。
肉厚ハンバーグ、サクサクエビフライ、トロトロオムライス。
メッツァビレッジに行ってきました

少し先へ進んで、湖に沿ってお散歩。
景色をのんびり楽しむための椅子がたくさん並んでいます。
メッツァビレッジに行ってきました

お花もキレイに咲いていました。
あたたかい時期にはさらに、お花や芝生の緑が楽しめそうです。
メッツァビレッジに行ってきました

つきあたりは屋外レストランエリア。
先ほどから、周りの客を写さないよう配慮した為、閑散としているように見えますが
実際は大勢の客で賑わっていました。
メッツァビレッジに行ってきました

かわいいコンテナサイズのお店が並んでいます。
メッツァビレッジに行ってきました

白いテントの中で飲食できたり、バーベキュースペースもあったり。
メッツァビレッジに行ってきました

足元は木屑がしきつめられていて、フワフワクッションの上を歩いているような不思議な感触でした。 メッツァビレッジに行ってきました

来た道を戻り、反対側のエリアへ。
こちらも湖畔にリゾートチェアが並び、皆んなリラックスしていました。
メッツァビレッジに行ってきました

木製のカヌーにも乗れるようです。
奥に見える灯台は、おそらく今後オープンする「 ムーミンバレーパーク」のものかと思います。 メッツァビレッジに行ってきました

かわいらしいフォトスポットもあります。
特に指示を出していないのに、ハート型の葉っぱで顔半分を隠すというインスタ映えしそうなポージングをした息子にイマドキ男子のにおいを感じました。
メッツァビレッジに行ってきました

こちらはワークショップのお店。
メッツァビレッジに行ってきました

いろんな種類のワークショップがあり、内容は随時更新されていくようなのでホームページでチェックすると気に入ったものが見つかるかもしれません。
メッツァビレッジに行ってきました

昔からやってみたかったククサ作りもありましたが、時間の都合上できず
今回はフィンランドの妖精トントゥを作りました。
メッツァビレッジに行ってきました

雑貨屋では、北欧定番のヒンメリマリメッコはもちろん、この時期ならではのクリスマスオーナメントなどたくさん並んでいました。
12月からはチームラボによる光のアートイベントが行われるようです。
メッツァビレッジに行ってきました

気になるお値段ですが、なんと入場無料!
※チームラボのイベントはチケットを購入する必要があります。
※「ムーミンバレーパーク」の入場料金はまだ未発表とのことです。

ちなみに偶然見つけたこちらのサイト、写真が鮮明だし、店内写真も多く、雰囲気もわかりやすいです。
| おでかけレポート | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)
スワッグを作りました
クリスマスやお正月に向けて、良き植物をリビングに飾りたいと思い
スワッグ作りのワークショップに参加してきました。

たくさんのお花。
スワッグを作りました

どれも素敵で迷ったけど
スワッグを作りました

一つは、クリスマスらしく、もみの木やバラの実やコットンでまとめてみました。
スワッグを作りました

もう一つは、シックな感じで。
全体的に紫色の小花が目立ちますが、松ぼっくりのような実や「リューカデンドロン プルモサス」という花の蕾もチラリと隠れています。
スワッグを作りました

「リューカデンドロン プルモサス」は、いずれ大きめの白っぽいフワフワした花がひらくようなので
また全体のバランスやイメージが変わると思い、それも今から楽しみです。
「リューカデンドロン プルモサス」は、普段花屋に行った時に自分ではけして選ばなないタイプの花でしたが
ドライフラワーに適していて、とても存在感のある花のようなので、とても勉強になりました。
「リューカデンドロン プルモサス」は、

てね。
ただ言いたいだけですよね。
「リューカデンドロン プルモサス」という言葉をね。

昔、世界水泳で「ピーター ファンデン ホーヘンバンド」という有名な選手が活躍していましてね。
当時 私はやたら口にしていましたね。
「ピーター ファンデン ホーヘンバンド」という言葉をね。

今回はそんな「ピーター ファンデン ホーヘンバンド」のお話でした。
| 写真 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0)
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る
皆さま、ご無沙汰しております。
なかなか更新できずすみません。

毎日バタバタと過ぎて行き、おかげさまで本日、息子が3歳の誕生日を迎えました。

来週、息子と義父と夫の誕生日が近いので三世代合同バースデーパーティーをする予定です。
さらに義父が70歳という記念の年なので、私がケーキのデコレーションを担当してサプライズしたいという思いがあります。

なので、息子の誕生日当日はどうしようか迷っていました。

さすがに今週も来週も続けて凝ったものを作るエネルギーがない…
正直、4日後に控えている幼稚園面接の事で頭が回らない…
だけどお祝いしてあげたい…
お祝いするからには喜ばせたい…
見たことないような可愛いケーキプレゼントしたい…
しかしクリームを泡立てたりチョコやフルーツでデコレーションするエネルギーは…

無い!!

というわけで、思いつきました!
紙とパスタ1本で出来るデコレーション!

作るシリーズ第九弾。
『「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る』の始まり始まり〜!

最近息子のお気に入りの絵本「とこちゃんはどこ」。
私の大好きな、かこさとし先生の作品です。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

彼の代表作「カラスのパンやさん」や「だるまちゃんとてんぐちゃん」も有名ですね。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

いつでもどこでもトコトコどこかへいってしまう男の子のお話。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

ページをめくると人だらけ。
この中からとこちゃんを探し出すという、「ウォーリーをさがせ」のような絵本です。
しかも、こちらの作品は「ウォーリーをさがせ」より17年も前からあるという、元祖絵探し本。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

今年のケーキはこの本をテーマにしようと思います。

まずは絵本の使いたい部分をスキャンし
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

タイトルを息子の名前に変えます。
パソコンで文字の一部分を切って貼って組み合わせて
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

「とこちゃんはどこ」が「あっちゃんはどこ」になりました。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

さらに、良さげな子供の絵を選んで素材作り。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

そしてメインとなるイラスト。
かこさとし先生の絵に馴染むようなタッチで、夫と私が息子へプレゼントを渡すシーンを描きました。 「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

完成した素材を、ケーキに飾れるサイズにプリントアウト&カットして
後ろにマスキングテープで短く折ったパスタをつけていきます。
※こちらのパスタは後ほど私が美味しくいただきました。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

裏はこんな感じ。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

タイトルだけ、100均で売っていたケーキ用ガーランドの棒につけました。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

そして、土台となるケーキはアンリ・シャルパンティエのWチーズケーキを買ってきました。
ここは、手を抜き美味しいものを食べたい。
※写真はオフィシャルサイトをキャプチャーしたものです。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

いざ、バランスを見てパーツを刺して…
完成〜!!
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

真正面からは見えませんが
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

奥を除くと、羨ましそうに指をくわえている男の子が!
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

コトコト駆け出したとこちゃんが!
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

隠れていました〜。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

さらに手前で手を合わせている2人。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

元は「鬼さんこちら♪」と言っている絵だったのですが
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

バースデーケーキに使えばあら不思議。
まるで「おめでとう〜!」と祝福しているように見えるではありませんか。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

家にあった材料でとても可愛くできたので、嬉しくていろんな角度から撮影しました。

右側〜。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

左側〜。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

裏側〜。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

ちなみにこのデコレーション、「シンプルなチーズケーキにやろう」とだけ決めて、ケーキ屋に行ったんですが、こちらのケーキにして大正解でした。
なぜなら、微調整の為に何度も刺し直しても、周りにまぶされているクラム(サブレを砕いたもの)で穴を塞げば補修できるから!
表面が平らでキレイなケーキだと、崩れが目立っていたと思います。
なにより、濃厚で美味しい!!
おすすめです。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

産まれてきてくれてありがとう。
育ってくれてありがとう。
そんな気持ちを込めて。
「とこちゃんはどこ風ケーキ」を作る

--------------------------------------

※過去の作るシリーズ
・「毒きのこの山」を作る はこちら
・「ゼリーぬりえ」を作る はこちら
・「ゼリーぬりえ」を作る2 はこちら
・「ニシンとカボチャの包み焼き」を作る はこちら
・「メリーゴーランドケーキ」を作る はこちら
・「ジオラマウェディングケーキ」を作る はこちら
・「レインボー流しそうめん」を作る はこちら
・「オーバンド輪ゴムチョコ」を作る はこちら
・「たべっ子絶滅どうぶつ」を作る(前編) はこちら
・「たべっ子絶滅どうぶつ」を作る(後編) はこちら
| 作るシリーズ | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0)
2016年大晦日
今年も残す所あとわずかですね。
皆さま大変お世話になりました。

今年最後の月は、
息子と私が胃腸炎になったり
ママ友とクリスマスパーティをしたり
元同僚とクリスマスパーティをしたり
30日まで仕事をしたりと
いつも以上にバタバタしましたが
おかげさまで無事に新年を迎えることができそうです。

つい先日までクリスマスムードだったのに
もう大晦日なんて本当に早いですね。。。

クリスマスと言えば、ママ友が持ってきてくれたシュトーレンが
ものっすごく美味しくて感動しました。

一般的にパン屋などで売っているシュトーレンが
粉砂糖のかかったドライフルーツとナッツ入りのケーキで
生地の食感が少しモフッとしているのに対し

持ってきてくれたものは
表面の粉砂糖が溶け、アイシングのようにカッチカチで
ドライフルーツやナッツやイチジクがゴロゴロ入っていて
生地も密度が高く、ボロボロと崩れるほど。
なんというか、食感が、ゴロゴロボロボロザクザクと
とても快感なんです。

2016年大晦日
クリスマスシーズンしか食べられないのが残念ですが
来年また食べようと思います。

2016年大晦日
小さい子供達がいたのでクリスマス飾りは壁にだけ。

2016年大晦日
図書館で借りた「ノンタン!サンタクロースだよ」

2016年大晦日
お気に入りの雪山セーター。

それでは皆さま、よいお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
| 写真 | 22:02 | comments(2) | trackbacks(0)
ハッピーハロウィン
遅くなりましたが、ハッピーハロウィン。
ハッピーハロウィン

今年も各地でハロウィンが盛り上がっていましたね。

私は、クリスマス前やお正月前の独特の雰囲気が好きで
スーパーなどにいくと関連商品が並んでいてワクワクするのですが
ここ数年はハロウィン商品も豊富で、見ているだけでも楽しいですよね。


し!か!し!

どこかクリスマス前や正月前と決定的な違いがある…!

なんだろう!?

あんなに店内はハロウィン一色になってイベント感満載なのに…!


…と、思っていたのですが
わかったのです。


視覚の刺激はあっても、聴覚の刺激がない…!

クリスマスや正月は定番の曲がたくさんあって、
街中に流れ出すと
「いよいよ年末かー!」
「なんか切ない!」
「でもキュンキュンワクワクする!」
と、胸高鳴るのですが

ハロウィンでは誰もが納得のイメージソングってなかなか無いですよね。

先日、雑貨屋でゴーストバスターズの曲が流れていたけれど
「わぁー!ハロウィンぽいー!キュンキュンするう!」
とはなりませんでした。

じゃあ、ハロウィンはなにもやらなかったのか
というとそういうわけではなく

ベビーマッサージ教室の仲間と集まってランチをしたり
友達にもらったハロウィンの雑貨を飾って写真を撮ったりしました。

当日の離乳食はハロウィンバージョンにして
ハッピーハロウィン

大人のご馳走はつくるのがしんどくてケンタッキーのハロウィンバーレルに。
ハッピーハロウィン
| 写真 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0)
一番大きな作品(名古屋の大切な人へ)
今までの人生で、一番大きな作品です。
写真だとわかりにくいのですが、布団よりも大きい。
一番大きな作品

8年前の全国ツアーでお世話になった、名古屋の友人へ描きました。

個展を盛り上げるために仲間を集めて数ヶ月前からDJ+ライブペイントイベントの企画をしてくれて
期間中ずっと居候させてくれて、ご飯を作ってくれて、あちこち観光に連れて行ってくれて
名古屋名物をごちそうしてくれて、エステをプレゼントしてくれて…

どんなに感謝しても足りないほどお世話になった人達です。

しかも その時が なんと 初対面。

初めて会った私に、そこまで親切にしてくれたのです。

その友人から
「DJブース用の布にイラストを」というリクエストをもらい
感謝の気持ちを込めて書きあげました。

歌ってる子がいたり
一番大きな作品

ピアノ弾いてる子がいたり
一番大きな作品

お花が咲いていたり
一番大きな作品

太陽がのぼっていたり
一番大きな作品

木琴をひいていたり
一番大きな作品

グラスでメロディーを奏でていたり
一番大きな作品

うさぎが歌っていたり(友人の家にうさぎがいたので)
一番大きな作品

盛り上がる観客がいたり
一番大きな作品

トランペットを演奏する子がいたり
一番大きな作品

DJがいたり
一番大きな作品

中央はこんな感じ
一番大きな作品

左はこんな感じ
一番大きな作品

右はこんな感じ
一番大きな作品

実はこれ、
「いつでもいいよ」
という言葉に甘えて、少しずつ描き加えていったので完成までに7年かかりました。(ひどい)
一人暮らしを初めて、結婚して、妊娠して…
大きな変化のある7年間でしたが、最後はつわりの真っ最中に書きあげ完成しました。

あの時お世話になった名古屋の友人達は、今でもお付き合いがあって
遠い親戚のお兄ちゃんお姉ちゃんみたいな感じで
ずっとずっと大好きです。

当時イベントのコーディネートを担当してくれたスタイリストさん達が立ち上げた会社、
すっごく素敵なので見てほしい!

MAISONETTEinc.
| イラスト | 22:38 | comments(4) | trackbacks(0)
<< | 2/85PAGES | >>
本サイトに掲載されているイラスト・写真・文章は、個人であっても当方の許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・配布・編集・複製により利用することは、メディア・手段の如何を問わず固く禁じます。

yananyokinyoki(やなにょきにょき)

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
フラワーベース (フロストレッド D-BROS)
フラワーベース (フロストレッド D-BROS) (JUGEMレビュー »)

↑ペラペラの花瓶。アクセントとして描かれているイラストの少女達がシュールで陽気で楽しいや。売り切れなのが残念…。